FIKA


こんにちは!

今日はスウェーデン人の暮らしに欠かすことのできない
「FIKA」の習慣についてお話してみたいと思います。
「FIKA」は日本語でいうと「お茶をする」という意味です。

スウェーデン人と仲良くなりたいな~とか、スウェーデンに旅行予定でスウェーデン人の
家に行く予定があるなんていう時に、知っていると役に立つフレーズがあります。
それは、「Ska vi fika?(スカ ヴィ フィーカ?)」。
日本で言うと「お茶しませんか?」という意味になります。
私もこのフレーズの力を借りて!?少しづつですが、お友達を増やしている最中です。


☆2004年1月☆

Theodorが生まれて、約2ヶ月が経ったころ、生活のリズムも少しづつ
つかめるようになり、私にも「ママ友」ができるようになってきました。
子供が生まれる前は一対一でスウェーデン人と親しくなることが
なかなかできず(友達というと夫の友人というのが
多かったです)、言葉の壁・国の違いなんかを感じて
落ち込んだりしたこともありましたが、「赤ちゃん」というのは、そんな壁を
とっぱらってくれますね。子供を通じてお友達が増える!
それは世界中どこに暮らしていても同じようです。
「赤ちゃん連れの映画鑑賞会」・「開放保育園」(←これらについてはまた
後ほど書きたいと思います)なんかに行っては他のママたちと「FIKA」。
このころの私は普段よりもお茶をする機会が多かったです。


国民一人当たりの年間コーヒー消費量がフィンランドに次いで世界第二位といわれている
スウェーデン。コーヒーはスウェーデン人の生活に密着しています。
まず、朝起きて目を覚ますために、一杯。職場について午前中一杯。
午後3時にまたまた一杯。とにかくスウェーデン人はコーヒーをよく飲みます。
お茶をする時、「紅茶がいい?コーヒーがいい?」という質問もなく
「FIKAしましょう」=「コーヒーをのみましょう」という意味になってしまうことも。。。
もちろん、スウェーデン人でもコーヒーが苦手という友人も何人か知っていますけど。。

スウェーデンで飲まれているコーヒーの特徴は「濃い!」ということでしょうか。
日本でいう「アメリカンコーヒー」はスウェーデン人にとっては「水」のような
ものなのではないでしょうか。移住当初このコーヒーの濃さには参っていた私ですが
今ではすっかり濃いコーヒーになれてしまい、薄めでは物足りないなと思うように
なってしまいました。

f0114785_124936.jpg


どんなに仕事が忙しくてもスキップすることのないコーヒーブレイク(Kaffepaus)。
主人の職場のコーヒーブレイクにお邪魔してみました。
みんな、自分のマグカップを職場において、美味しいコーヒーをいただきながら
おしゃべり。のんびりとした雰囲気。私の知っている日本の職場とはちょっと違うな。。

f0114785_12504154.jpg


主人のおじいちゃんから受け継いだアンテイークのコーヒーカップ。
プラムの柄がとてもキュートで大好きです。
お気に入りのカップでのんびりコーヒーを
飲むと気分がゆるみます。

f0114785_12514477.jpg


地元の老舗カフェにてFIKA。
今日のお茶菓子はマジパンでできているお菓子。
このお菓子通称「掃除機」と呼ばれています。
色といい形といいレトロな昔の掃除機みたいでしょ。
[PR]
# by hokuounonnbiri | 2007-01-31 11:02 | スウェーデンの暮らし

洗濯について


遅くなりましたが、”明けましておめでとうございます”。
お正月はどのように過ごされましたか?
私は今年のお正月は日本に帰省し、日本で過ごしました。
スウェーデンに移住して、もうすぐ丸6年を迎えようとしています。
お正月を日本で過ごすのは6年ぶりでした。
スウェーデンでの6年を振り返るといろいろなことがありましたが、
2人の子供を出産したことがやはり一番大きな出来事でしょうか。。

小さな子供がいると洗濯の量も多くてたいへん!?なんていう話を
よく聞きます(実際そうなのですが)。あとたまに友人から、
「寒い冬、スウェーデンではどうやって洗濯物を干すの?」
なんて聞かれることがあります。今日は、スウェーデン式(?)の「洗濯」に
ついて書いてみたいと思います。

注・ただし、この洗濯の話はスウェーデンの一般的なアパート
(日本でいうマンション)に住んでいる場合の話です。
家庭によって洗濯の仕方も違うでしょうし、
スウェーデンどこもかしこもこの例に当てはまるわけでは
ありません。アパートでも自室に洗濯機のある家庭もありますし、
一戸建てに住んでいる場合はもちろん自宅に洗濯機がありますしね。


さて、こちらの一般的なアパートには、地下室に住民共有の洗濯室と乾燥室
があります。「洗濯をしたい!」と思いたってまずしなくてはいけない
事が洗濯室の予約です。私たちの住むアパートは予約表(紙)が洗濯室
においてあり、使いたい時間帯に線を引き(最大4時間という決まり)、
部屋番号を記入するという簡単なものです。

「じゃあ洗濯したい時にすぐできないの~!?」と驚くかもしれませんが、
専業主婦が一般的でないこちらでは、洗濯はかなり前から曜日を決めて
計画的に行う家事なようです。我が家では1週間に1回又は、
2週間に1回、週末又は平日の夜に洗濯をすることが多いです。
洗濯をする頻度が低い分、1回の量はかなりのもの!
というわけで、結構な力仕事ですので、洗濯は「男性の家事」という家も
多いのでは!?

私の住むアパートの洗濯室には洗濯機が2台、
乾燥機が1台あります。あと、洗濯室とは別に「乾燥室」というのが2部屋あります。

f0114785_10193764.jpg


この予約制の洗濯システム、移住当時は「洗濯したいときにすぐ洗濯機が
まわせないなんて不便~」と思っていたのですが、慣れてみると意外と快適なんです。
なんといっても洗濯に対する考え(「予定表に書くまでもない家事」→
「予定表に書き込む立派な予定」)が変わり、家事への精神的なストレスが減りました。
「洗濯物をためる」ことに対して罪悪感を感じることがなくなったとでもいうのでしょうか。
あと洗濯物って意外と減らせるということも発見!
例えば毎日のお風呂・シャワーの後に使うバスタオル。そのつどきちんと
乾かせば毎回洗う必要はありません。洗濯の頻度を減らすということは、
節水・また洗剤を流すことも減り環境にも優しいはず。
(これはうちの主人がよく口にします)
住民共有の洗濯室でご近所さんと立ち話しながら仲良くなったりというおまけも
ついてきます。

f0114785_10363042.jpg


我が家では大量の洗濯物を運ぶのには日本でも見かけるようになった
このバッグが大活躍です(うちのお隣さんもこのバッグを使ってますよ)。

お天気の良い日なんかは、太陽の下で洗濯物を乾かしたいな~なんて
感じることもありますが、太陽の出ている時間の短いスウェーデンの冬
外で洗濯物を乾かすというのはなかなか難しいと思います。

さて、洗濯機の大きさだって違うでしょうし、日本でスウェーデン式に洗濯をするのは
難しいかもしれませんが、家事って目線を変えてみると意外と無駄が省けるのでは?
と学ぶことが多い私のスウェーデン生活です。また何か思いつくことがあったら
書いてみたいと思います。
[PR]
# by hokuounonnbiri | 2007-01-23 10:59 | スウェーデンの暮らし

クリスマスツリーを買おう!


今日は12月22日。クリスマスイブまであと2日です。
本日、街中に用事を済ませにでかけましたが、人・人・人!
皆な、クリスマスプレゼントの最終調整をしているようで
大きな包みをもって歩いている人がたくさんいました。
今年のクリスマス、私たちは日本に帰省しますので、
クリスマス関係のことは一切パスすることにしました。。。
スウェーデンのクリスマス、このクリスマスプレゼント選びだけは
あまり好きになれない私です。家によって違うのでしょうが、
少々買いすぎでは!?と思ってしまいます。

f0114785_694528.jpg


12月に入ると町の中を走る路面電車もクリスマス試用です。
ひきつづき、暖冬のスウェーデン。ホワイトクリスマスにはなりそうに
ない今年のクリスマスです。

☆2003年・クリスマス☆

Theodorが誕生して2週間あまりでクリスマスがやってきました。
この頃の私はというと、ママになりたての人はみんなそうなの
でしょうが、「寝不足」まっただなかでした。そんな私にとって
クリスマスは心のオアシス!?でした。それ以前は、イベントごとに
気合をいれない私達夫婦でしたが、生後2週間の長男の為に、
クリスマスツリーを購入。子供が生まれると、俄然やる気がでてくるのは
私だけでしょうか・・?

今日はよく見かけるスウェーデンのもみの木屋さんをご紹介したいと
思います。こちらでは本物のもみの木が12月に入るとあちこちで
売られるようになります。

f0114785_685649.jpg


こんなふうに切られた状態のもみの木が並べられて売られています。
形や大きさはバラバラなので、見比べたあと、「これ下さい!」と
気に入った木を指差すのみ。種類は何種類かあり、木の葉(というか樹皮)が落ちてしまうタイプと落ちないタイプ。落ちないタイプはお値段が少々
高めですが、床に葉がぱらぱらと落ちず、掃除の必要もなく、
口になんでも入れてしまう小さな子のいる家にはいいかと思います。

f0114785_691481.jpg


家に持って帰るときは、こんな風に、ネットのようなものでぐるぐると
巻きつけ、持ちやすいようにパッキングしてもらえます。12月に入ると
こんなかんじのネットをずるずると引きずって歩いている人を
よく見かけるようになります。

f0114785_693120.jpg


これは我が家の去年のクリスマスツリー。
飾りつけ担当は当時2歳のTheodorでした。
この位の大きさで、お値段が約200クローネでしょうか。
(1クローナが17.32円・12月22日現在)

写真左側と真ん中に見えるキャンディーのような飾りは
Theodorの保育園で「親子でクリスマスの飾りを作ろう!」といった
イベントがあり一緒に作りました。(といってもほとんど私が作った
のですが。。)

12月のスウェーデンはクリスマス一色です。
一番暗いこの季節、クリスマスはどの人にとっても心の癒しの
ような気がします。

それではGod Jul (メリークリスマス)!
そして良いお年を。
[PR]
# by hokuounonnbiri | 2006-12-23 06:33 | スウェーデンの暮らし

ノーベル賞とともに


今年も12月に入りましたが、異常気象なのでしょうか、
本当に暖かい毎日です。昨日は、私の住む街では13度を
記録したそうで、これは12月の気温としては1972年以来の
記録的な暖かさなのだそうです。うーん、確かに、うちの息子が
生まれた12月はもっと寒かったな~と思い出しました。

☆ 2003年12月 ☆

スウェーデン、冬の風物詩のひとつにノーベル賞受賞式があります。
アルフレッド・ノーベル(ダイナマイトの発明者)の遺言のもと始まった
ノーベル賞。アルフレッド・ノーベルの命日にあたる12月10日に授賞式が行われます。毎年、授賞式に始まり、晩餐会まで、12月10日は
一日中テレビで様子が伝えられます。

そんなノーベル式授賞式の前日の夜中、私の陣痛は始まったのでした。
もともと、予定日が10日だったので、「これは予定日に産まれるか!?」と期待が高まったのを今でもよく覚えています。
病院に電話してものんきなスウェーデンの助産婦さん。
「初めての出産は時間がかかります。
陣痛の間隔が2,3分になるまで家に居て下さいね。」
と7分間隔くらいの陣痛では取り合ってもくれません。
不安と期待と複雑な気持ちで私はソファで横になりノーベル賞の授賞式の模様をテレビで眺めていたのでした。。
「あー、はやく病院に行きたいな~。」と思いながら。

その後、10日の夜中に陣痛がようやく進行し病院へ。
それからさらに時間は経ち11日の午後6時35分、
無事元気なTheodor(テオドル)が生まれました。
Theodorは3405g・52cmで誕生。
4000gを越える生まれてくる赤ちゃんが多いスウェーデンでは
いたって標準的な大きさ。異国の地、スウェーデンで無事に赤ちゃんを
産むことができた満足感。これから始まるはじめての育児への不安と期待。出産直後の私の心のなかはたくさんの思いでいっぱいでした。
1泊・2泊もするとすぐに退院させられてしまうスウェーデンの産婦人科。
私も例に漏れず、2泊入院した後、我が家に戻ってきたのでした。

Theodorが生まれた年は雪の多い12月でした。そして、12月末の冬至にむけ、太陽のでている時間は短くなる一方。スウェーデンの冬、「寒さ」よりもきついのが「暗さ」です。どんどんと日が短くなる11月あたりは本当に気が滅入ります。午後3時過ぎには暗くなり、朝も8時半ころまで明るくなりません。そんな暗いスウェーデンの冬、我が家にやってきたTheodorは、
母親・父親になりたての私たちにとっては、心を安らげてくれる明るい存在でした。


今日は、スウェーデンでよく見かけるベビーカーを紹介したいと思います。

f0114785_18262152.jpg


f0114785_18264236.jpg


スウェーデンに引っ越したばかりの頃、ベビーカーの大きさには
びっくりさせられました。タイヤも大きい!
が、自分が子供を持ってみて納得です。寒い冬のおでかけは
ごっついベビーカーでしっかり防寒してあげないと、赤ちゃんには酷です。
冬の雪道や、街中の石畳なんかもこれ位しっかりしたタイヤでなくては
歯が立ちません。こんなに大きなベビーカーでも
バリアフリーの進んでいるスウェーデンではどこでもすいすい
行けてしまいます。ほんの数段の階段の横にも、
エレベーターが設置されていたり。
そしてバリアフリー以上に感動したのが、人が親切なこと。
ベビーカーを見かけると、ドアを押さえて待っていて
くれたり、ちょっとした段差でどうしよう~なんて考えていると、
すぐに「手伝いましょうか?」と誰かが声をかけてくれます。
「赤ちゃんがいて当たり前」の社会なんだな~。
赤ちゃんに優しい国だなと本当に感じます。
日本ももっともっと赤ちゃん連れでもでかけやすい環境になればいいのに
なあと、日本に里帰りをするたびに感じてしまいます。
今度、階段を目の前に困っているママさんを見かけたら
手をさしのべてあげてはいかがでしょうか?
[PR]
# by hokuounonnbiri | 2006-12-08 06:06 | スウェーデンの暮らし

はじめまして


皆さん、はじめまして。
スウェーデンの人口12万人程の地方都市でのんびりと育児しています
「北欧のんびり」です。スウェーデンに移住してあっという間に6年が経ち、
2人の元気な男の子(もうすぐ3歳ともうすぐ4ヶ月)に恵まれました。
このブログでは長男誕生後(2003年12月)、新米ママの私の
一年間を振り返ってみたいと思います。

スウェーデンならではの育児事情・赤ちゃん雑貨・
赤ちゃんをとりまく環境・それから単純にスウェーデンの話等、
私の目に映るスウェーデンでの暮らしを少しづつ
ご紹介したいと思います。

f0114785_19524547.jpg


       息子の生まれた12月は雪の多い12月でした。
[PR]
# by hokuounonnbiri | 2006-11-21 19:55 | 紹介