カテゴリ:スウェーデンの暮らし( 19 )

クリスマスカレンダー


今日で11月も最終日です。
明日からはもう12月です。
2007年は予想もしてなかった長男の発病に始まり、
どうなることかと不安いっぱいでスタートしました。
今では少しは病気との上手な付き合い方を見つけられそうな
気配かな?まだまだ長い付き合いになるでしょうから、
まだ上手に付き合えなくてもいいのかな・・・なんてのんびり
構えている私です。今は、ただ子供たちそして主人と私、
家族全員が一日一日、楽しく元気に過ごせることが本当に
嬉しいです。つきなみですが、長男の発病を通して、
健康を当たり前と思ってはいけないな~、ありがたいなと
感謝するようになりました。さて来年はどんな年になるかな。

f0114785_7222354.jpg


さて、明日から12月、こちらではクリスマスイブに向けてカウントダウンが
始まります!!去年は次男の誕生後、ばたばたしていたり、
旅行に出かけたりと、クリスマスカレンダーまで手がまわりませんでしたが、
今年は、挑戦!初めてのクリスマスカレンダーです。
12月1日~24日まで毎日、小さなプレゼントがそれぞれの日の
ところにぶらさがってます。一日一日、プレゼントを開けながら、
クリスマスイブまでカウントダウンです~。

このクリスマスカレンダーは、義理母からいただいたもの。
裏返すと、主人の名前が書いてあるんです。
こうやって主人の子供の頃の思い出のつまっているカレンダーに
Theodor、そしてCajの思いでも重なっていくと思うと、
とても幸せな気分になります。

階段下に設置完了!明日、子供たちが起きてきてどんな反応をするか
今から楽しみです。おやすみなさい~。
[PR]
by hokuounonnbiri | 2007-11-30 07:15 | スウェーデンの暮らし

クリスマスツリー


もうすぐ12月!スウェーデンの11月は急に寒くなるし、とっても暗い!ので
精神的にどんよりと落ち込みがちの月です。11月をどうやって乗り切るか。
って結構よく出る話題だったりしますね~。私は、お日様が恋しくて、
暗さに負けそうなときは、ろうそくを灯して乗り越えています!

f0114785_7381794.jpg


3時のおやつには暗くなってしまう、11月のFika(お茶)には
ろうそくは欠かせません。ろうそくを灯すと、心も少しふわっと軽く
明るくなるような気がするのは不思議。先週末は、森に散歩にいった際、
森からつんでかえってきたお土産でろうそくの周りをTheodorと一緒に
飾ってみました。。出来上がりは上記の写真です。

そうそうそれから先日、クリスマスツリーも早いですが入手しました。
毎年クリスマスイブから年末年始にかけては、主人の実家に帰省
しまするため家をあけるので、クリスマスツリーは早めに買ってしまえ~!と。
でも、このクリスマスツリー、無料だったんです。よく買い物に行く、
Bauhausという大工仕事道具を取り扱っているお店に行くと、
59クローナ払って、クリスマスの後、そのレシートを持参すると
料金返金というシステムだそうです。まあ嬉しい!しかも、とても形の良い
きれいなツリーで、大満足です。

f0114785_746231.jpg


f0114785_7464354.jpg


f0114785_747468.jpg


まだ飾りつけは完成してません~。週末にでもゆっくりしたいと思います。
[PR]
by hokuounonnbiri | 2007-11-28 07:34 | スウェーデンの暮らし

秋のつどい


通っている大学の授業がひと段落したので
主人の実家のあるスコーネ地方へ週末を利用して
帰省してきました。国内なので近いのですが
車で約5時間はかかるので近いようで遠いスコーネです。

日曜日のお昼、ファルファル(おじいちゃん・私の義理父)が
お昼をごちそうするから遊びにおいでというので家族みんなで
遊びに行ってきました。

秋を感じることのできる素敵なテーブルセッティングに感動。
外に落ちていたのを拾っただけだよという義理父。
でも、こんなふうに飾ってみようと思いつくお洒落な心がけが
素晴らしい!

f0114785_4514889.jpg


お食事はスウェーデンでは人が大勢集まるときなどに
お目にかかる「スモールゴストータ」でした。
直訳すると「サンドウィッチケーキ」。ケーキとはいえ
甘いケーキではありません。パンの生地の間に
マヨネーズ・クリームフレッシュ等のクリーム
そして海老・ゆで卵・野菜・キャビア等がトッピングされています。
美味しいのですが、こってりしていてあまり量が食べられない
です。

f0114785_454245.jpg


スウェーデンに移住当時は、このこってりクリームが食べられなくて
このケーキの美味しさを理解できなかった私ですが、
もうすぐ移住7年!味覚というのは変わるものですね。。。
[PR]
by hokuounonnbiri | 2007-10-31 04:55 | スウェーデンの暮らし

素敵な休日


日本に住んでいる友人からの、
「新婚旅行で北欧に行くよ~」というメールに始まり、
急遽、友人夫婦に会う為に、ストックホルムへ
小旅行に出かけてきました。

日本からの友人にストックホルムで会えるなんて
貴重なチャンス。このチャンスを逃すわけいきません。
友人達がストックホルムに着いた当日は、市街地を散歩し
ガムラ・スタン方面へ向かいました。そしてスウェーデン料理が
食べられそうだというレストランにてお食事。久しぶりに会う
友人そして彼女のご主人にも会うことができとても
楽しいひと時でした。

翌日はDjurgårdenにあるカフェへ足を運びました。
ここのカフェはエコロジーな食材しか使ってないと聞き、
以前から興味のあったカフェでした。ちょうど私達が
行った日からランチブフェが再開するとのこと
(夏の間はやっていなかったそう)ランチブフェを目当てに
私達は12時頃カフェに到着しました。

f0114785_4382636.jpg


野菜は食べるだけでなく「見る」のも美しいという説明のあった
展示室。玉ねぎたちがランプにしたれられてかわいらしく
並んでました。

f0114785_4384991.jpg


f0114785_4391686.jpg


かぼちゃもこんな風に並べて飾ると素敵ですね。

f0114785_439372.jpg


カフェの横にはお店もあり野菜や食器、雑貨等も売っています。

この日は平日だったこともあり、ベビーカーを押す
ママさんたちの姿が多いのがとても印象的でした。
こんな素敵なカフェが近くにあったら私も子供達と
何度も遊びにきてしまうだろうな~と思いました。

屋外で食事ができるよう広々とした庭にテーブルが
並んでいます。外の美味しい空気をすいながら
美味しい体に良い食事をのんびり楽しめる素敵な空間
があります。子連れだとなかなかゆっくり食事できない
よね~という方にお勧めです。

カフェでランチ・お茶を楽しんだ後、少しだけ散歩をして
その後は、フィンランドに向かう友人夫婦をフェリー乗り場まで
お見送りに行きさようなら!をしました。
次はどこで会えるかな。こういう風に友達に会えると
日本が遠いんだか近いんだかよく分からなくなりますね。
幸せムードいっぱいの新婚さんの友人に会え、
私まで心から幸せになりました。おめでとう!
[PR]
by hokuounonnbiri | 2007-10-24 04:30 | スウェーデンの暮らし

紅葉


ただ今スウェーデンは紅葉がとても綺麗な季節です。
夏が終わってしまう時は毎年しゅんと悲しい気持ちになりますが、
こういう綺麗な色とりどりの紅葉を見ていると秋も悪くないなと
思ってしまいます。自然の色ってこんなに美しいんだな~と
本当に感動してしまいます。

f0114785_4373295.jpg


f0114785_4375387.jpg


f0114785_4381339.jpg


f0114785_4382952.jpg



日没は日に日に早くなり、冬が近づいていることを感じますが
今しばらくこの綺麗な紅葉を楽しみたいと思います。
私は毎日学校に自転車で通っているのですが、今は
自転車から綺麗な葉っぱや木たちを眺めるのがとても楽しみです。
よそ見しすぎて何かにぶつからないように要注意です。

息子達は家の前にある森(小さな・息子達にとっては大きな森かも
しれません)を散策するのが大好きです。こんなきれいな紅葉の
中、散策するのは一段と楽しいのではと思います。色とりどりの
落ち葉を集めたり。先日、上の息子は森を動物園にみたて
「ごっこ」遊びを長いことしていました。森の中は想像力も
膨らむようで子供達にとっては絶好の遊び場です。
息子は幼稚園でも週に1回、森に散歩に行き、森で遊んでいます。
自然が近いスウェーデンならではの素敵なアクティビティーだと
思います。
[PR]
by hokuounonnbiri | 2007-09-28 04:42 | スウェーデンの暮らし

ボートにのって


夏休みの思い出第2弾はボートの旅です。
義理の母と彼女のご主人がボートを持っていまして、
毎年夏になると2ヶ月程、ノルウェーの国境に近くある運河に旅行に行くのです。その彼らを訪ねるのも私達家族の
夏の恒例なのです。今年は下の息子(8月で1歳になりました!)
も初めて参加!7月中旬から1週間出かけてきました。

f0114785_415670.jpg


これが彼らのボートです。かなり大きなボートです。
大人4人まででしたら中で寝ることができます。
今回は大人4人プラス子供2人ということだったので、
私達4人は近くで小屋を借りてそこに滞在しました。

f0114785_421843.jpg


途中立ち寄った水門にて。ノルウェーとの国境に近いだけあり
ノルウェー人の観光客の姿が目立ちます。ボートにノルウェーの
旗がついているの見えますか?

f0114785_424144.jpg


水門についていたお茶目なメッセージ。
Don´t worry. Be happy!ですって。

f0114785_432175.jpg


息子と主人は小さなボートに乗り換え探検!?に出かけました。
素晴らしい自然の中での1週間、自然の中には遊ぶものが
たくさん!おもちゃのいらない1週間でした。

f0114785_433917.jpg


ボートの旅は楽しいだけではなく危険もつきもの。
ボート滞在中と水門近くでは救助ベスト着用です。
プラス、安全のため紐でつながれている息子です(笑)
でも、飛んだり走ったり、3歳児は目が離せないし、
簡単に水に落下しそうで、紐がなかったら私は落ち着いて
座っていられなかったと思います。

雄大な自然の中での1週間。また来年も遊びに来ようねと
家路につきました。
[PR]
by hokuounonnbiri | 2007-08-30 03:46 | スウェーデンの暮らし

夏の思い出


長かった夏休みも終わり、通常モードの我が家です。
そう、通常モードとはいえ我が家ではちょっとした変化がありました。
7月末より主人が育児休暇中です。12月いっぱいは
育児休暇をとり家で息子達と一緒に過ごしています。
(上の息子は週に3日だけ幼稚園に通っていますけど)
私はというと下の息子誕生とともに中断していたことに
再びチャレンジ中です。こんな毎日が送れるのもこの
「育児休暇」のおかげ。本当にありがたい制度だな~と
感謝の毎日です。なによりも息子達がパパと一緒にたくさんの
時間を過ごせるのはとても大切なことだと思います。

今日は夏休みの出来事を少し振り返ってみたいと思います。
夏休みは、スウェーデン国内をふらふらと遊びに行ってきました。
主人の家族・親戚・友人を訪ねたり。今日はその途中で
偶然立ち寄ったカフェの写真です。こういった雰囲気ある
お洒落(とはいわないか・・・)なカフェが期間限定
でオープンするのも夏ならではのお楽しみ。

f0114785_2541875.jpg


昔「農場」だった建物を改造したようで、外から見ると
こんなかんじの建物です。外でもお茶ができるようになって
いますが、この日はやや肌寒かったので中でお茶をすることに
しました。

f0114785_2544449.jpg


中はこんなかんじです。ひとつひとつ見ると古い椅子やテーブル達も
集めてみると素敵な雰囲気。物を長く大事に直したり色を塗り替えたり
手を入れながら使うのはスウェーデンで暮らしていて
私も見習わなくては思うことのひとつです。

f0114785_255525.jpg


こんな扉もなんだかカフェの中にあると雰囲気があります。

f0114785_2552880.jpg


昔風の子供用の椅子がありましたので、
下の息子が拝借しました。座り心地はどうですか?

f0114785_2554774.jpg


周りは緑がいっぱい(馬や牛もいました!)。
ふと道沿いで見かけた看板につられて迷い込んだカフェ。
なんだか自分の子供時代の夏休みにタイプトリップしたような
不思議な空間がそこにはありました。
[PR]
by hokuounonnbiri | 2007-08-25 02:50 | スウェーデンの暮らし

アイスクリーム


スウェーデン人はアイスクリームが大好きです!
(って言い切ってしまうのもすごいですね。もちろんアイスクリームが
嫌いなスウェーデン人もいることでしょうが。私はまだそんな
スウェーデン人にはお会いしたことありません・・・。)

夏といえばアイスクリームは欠かせません!!
太陽が照り・気温が上がってくると「アイスクリーム日和」だね
といい、アイスクリームを求めるスウェーデン人がいっぱいです。
老若男女問わず、アイスクリームはみんな大好き。
最初、スウェーデンに移住した頃、理解できなかったんです。
なんでそんなにアイスクリームなの?って。
こちらのアイスクリームは日本のアイスに比べると甘い!ような
気がします。だから移住当時はこちらの甘~いアイスクリームが
一本食べ切れなかったりもしたんですけど・・・。
味覚って変わるんですね、今ではペロっと食べられてしまう
自分が怖いです。そして暑くなってくると「アイスクリームでも
食べようかな」と思ってしまう自分。。。こういうところは
スウェーデン人化してしまったようです。


f0114785_332950.jpg


Theodor(3歳半)のお気に入りはこのスタンドのブルーベリー味!
もうすぐ1歳になる弟にも「おいしいね~」「食べる?」と
言ってあげちゃってます(笑)。

f0114785_3322765.jpg


ボリュームたっぷりのアイスクリーム達・・・。
生クリームにジャムにバナナにとボリュームたっぷりです。


f0114785_3325964.jpg


写真は私の住む街にあるとっても人気のアイスクリームスタンドです。
天気が良い日はこの前にものすごい人だかりができます!!
長~い行列ができアイスクリームにありつけるまで時間が
かかります。このスタンドは夏季限定オープンで、
1936年に開業した地元でも老舗!?のアイス屋さんです。
他のアイスクリームスタンドと比べると本当に美味しいんです。

というわけで今年はどれくらいアイスクリーム日和の天気に
恵まれるかな?体型は気になるところですが、
このアイスクリームの誘惑に負けてしまう私です。
スウェーデンに夏いらっしゃるようでしたら、
アイスクリームは必須です。ぜひお試し下さい!
[PR]
by hokuounonnbiri | 2007-07-12 03:42 | スウェーデンの暮らし

湖へ行こう!


夏至祭のお祝いも終わり、いよいよ夏本番のスウェーデンです。
ここ数日はあまりお天気がよくなく気持ちの良いスウェーデンの
夏のお天気が待ち遠しいです。

スウェーデンだな~と私が感じる夏のすごし方はいくつか
ありますが(例えば前回のブログに書いた簡素なサマーハウスに
少しづつ手を入れて夏を過ごしたり)、その中のひとつに
「湖水浴」があります。日本でも湖水浴をしていらっしゃる方は
いるのでしょうが、私の育った環境には湖水浴というのはありません
でした。私の中で湖というと泳ぐにはちょっと汚いといううイメージが
あります。。。

ここスウェーデンでは夏になると海水浴よりもさかんに
湖水浴を楽しむ人がいっぱいです!海水浴があまりできない
理由は、海の水は泳ぐには冷たい!というのがあると思います。
湖の水は夏になれば太陽の力であたたまります。
あそこの湖の水は何度だったよなんていう話題がよく出るのも
夏のスウェーデンならでは。なれてしまうと、湖水浴の魅力に
はまってしまいます。波がなくて泳ぎやすいですし、
体がお塩でべとべとしないですし、水が口にはいっても
しょっぱくないです(海の魅力が分かっていないのかも)。
なによりも広い大きな湖に体を浮かべて、ゆっくりと
泳ぐのは本当に気持ちが良いです。

f0114785_433562.jpg


鳥さんと一緒に泳ぐよ~。

f0114785_43509.jpg


だんだんと深くなっていきます。

f0114785_44310.jpg


さあ飛び込もう!

f0114785_441662.jpg


湖水浴とは関係ありませんが、スウェーデンで二番目に
大きな湖の写真です。ここまで大きいと感覚的には
海のよう。。。本当に綺麗です。

お天気が良くなることを祈りつつ、短い夏を満喫しようと
思います。お天気がよくなったら湖にも行きたいな。
[PR]
by hokuounonnbiri | 2007-06-30 03:55 | スウェーデンの暮らし

サマ-ハウス


夏らしい気持ちの良いお天気が続いているスウェーデンです。
先週、息子2人と5泊6日の小旅行に行ってきました
(途中から主人も合流!)。行き先は、ファルモル
(パパのお母さん=父方のおばあちゃんという意味)の
サマーハウス!です。ブレーキング地方のKarlshamnの
近くにサマーハウスを持っているファルモルと彼女のご主人を
訪ねてきました。海が近く、自然の豊かなとても素敵な
場所です。

f0114785_5262245.jpg


行きは息子達と電車で南下しました。約2時間半の道のりです。
X2000という名前のスウェーデンで一番速い特急電車
に乗っていきました。Theodor(3歳半)は大喜び。
Caj(10ヶ月)は眠いのになかなか眠れず・・・。
子供づれで旅行をしていると手をさしのべてくれる人が
本当に多くて感謝です。子供に優しい国だなあと感じるひとこま。

f0114785_5292877.jpg


サマーハウスに到着!しました。

私の目に映るスウェーデンのサマーハウスは
日本での別荘とのイメージとは異なり、「簡素」です。
もちろん「ゴージャス」!?なサマーハウスをお持ちの
スウェーデン人もたくさんいるのでしょうが、一般的に
サマーハウスというと簡素なものが多いような気がします。
古い小屋に自分達で手を入れ直して自分達のサマーハウスに
していくのがスウェーデン流というかんじでしょうか。
内装も家具等はなるべく中古品で揃え簡素に、それでも
そして短い夏を楽しむことには手を抜かないスウェーデン人です。

f0114785_5415084.jpg


上の写真のサマーハウス(黄色い外観の方)。
義理母のご主人が今年の春に外観のペンキを塗り替えました!
昨年まではこんなかんじの外観だったんです
(正直、古いですよね!?)。

サマーハウスではあれこれ欲張らず、ただ時間が流れて
いくのに身を任せ、太陽の光をたくさん浴び、のんびりする
のがスウェーデン流です。

f0114785_5434450.jpg


雑誌や本を読みつつうたた寝したり・・・

f0114785_5463573.jpg


近くの森を散歩したり・・・

f0114785_5445154.jpg


子供達はペンキ塗り遊びに熱中中です。

スウェーデンに移住当時、このスウェーデン人が得意な
「何もしないのが休暇」というのになかなか慣れなかった
私でした。だって日本に住んでいたときは少ない休みは
フル活用!とあれも見たいこれも見たいとよく旅行していました
から・・・。今ではすっかりスウェーデン人の休みの感覚に
慣れてしまい日本で社会復帰!?するのは不可能な状態です。

自分の両親はさておき(日本ですからね)、主人の両親も
遠くに住んでいる私にとって、ファルモル・ファルファルを
訪ねる時はここぞとばかりに甘えさせてもらっています(笑)。
孫の相手大歓迎のファルモルに甘え、すっかり息抜きしてきた
私です。

6月初旬に学校(小・中・高)も夏休みに突入、
これからスウェーデンは夏の休暇シーズンが始まります。
「何もしないのが休暇」という考えのスウェーデン、
お役所も会社もすっかりストップしてしまうんですからびっくりです。
私も少しペースダウンして短い夏を楽しみたいと思います。
[PR]
by hokuounonnbiri | 2007-06-15 06:05 | スウェーデンの暮らし