散歩のすすめ



スウェーデンに来て、驚いたことにひとつにスウェーデン人の
「散歩好き」があります。友人同士で会ったついでに
「じゃあ散歩でもする?」と行っておもむろにどこでも歩き出すのです。
日本で、友達同士で久しぶりに会った時なんかに、「散歩でもする~?」
なんていうことになるだろうかと最初は摩訶不思議なかんじでした。

そういえば、結婚前、その当時日本に住んでいた主人に
「どこに行きたい?」と聞いたところ「森に散歩に行きたい。」という
返事が返ってきてびっくりしたのを思い出しました。。
「森に行きたい」ってどこに連れていったらいいのやら迷ったのを
よく覚えています。

それでも、スウェーデンに移住し6年経った私も
すっかりスウェーデン人の散歩好きに影響されています。
「趣味は散歩です」なんて自己紹介で言うようになったり、
気分がもやもやすると歩きたいな~と思ったり。
お友達とおしゃべりしながら楽しみ散歩。
ひとりで景色の変化を楽しみながら歩く散歩。
運動も兼ねて、いつもより早足で歩いてみる散歩。
散歩にはいくつもの楽しみ方があるような気がします。

Theodorと育児休暇で家に居たときの私の一番の散歩仲間は
ベトナム人のお友達シンディーでした。彼女にも、Theodorと同じ年の
男の子がいることもあり、よく2人で誘い合い、散歩をしたものです。

私たちのお気に入りの散歩コースは、私たちの住む街を流れている
川沿いのコース。ベビーカーの振動で子供達はすやすやと
寝ていることが多いので、子供のことを気にせずのんびり
おしゃべりしながらよく散歩をしました。
散歩の後、川沿いにあるカフェ(春・夏のみオープン)でお茶をするか、
もしくは、これまた春・夏のみオープンする地元で人気のアイスクリーム
スタンドで締めくくるのが私たちの定番でした。


f0114785_4565871.jpg


カフェからの景色。川がカフェのすぐそばを流れます。
(この写真を撮ったのは5月です)

f0114785_4571068.jpg


カフェの入り口はこんなかんじです。

Theodorが生まれてから私は以前よりもよく散歩をするように
なった気がします。ベビーカーの振動でTheodorはベビーカーに
乗るとすぐにこてっと寝てしまう赤ちゃんでしたから、昼寝の時間に
あわせてよく散歩をしたものです。毎日の育児でちょっと行き詰って
いるような時、散歩をすると気持ちが晴れていくことが多く、
よくせっせと一人で(もしくは友達・主人と)歩いたものです。
冬の寒さもなんのその、完全防備で歩きます。
スウェーデンのベビーカーはこんなですから寒くないです。)

ちょっと気分が晴れない時、育児疲れを感じた時、
家に閉じこもっていないで、赤ちゃんと散歩してみたらどうでしょうか?
[PR]
by hokuounonnbiri | 2007-02-14 22:06 | スウェーデンの暮らし
<< やすらぎ FIKA >>